So-net無料ブログ作成

小石川蝋梅だより [小石川後楽園]

upする時期を逸しましたが、1/19の小石川後楽園のロウバイです。
同じ日の梅だよりはこちら
1/4のロウバイはこちら

640_DSC00420.JPG
1.中が赤いのがロウバイで、赤くないのはソシンロウバイです。


640_DSC00436.JPG
2.うつむき加減に咲いてるのが多いので、顔を見せてるのを探して撮りました。


640_DSC00445.JPG
3.逆光透け透けポイントのソシンですが、全然咲いてないのでおや?って思いました。
足元を見ると、つぼみがいっぱい落ちてました。
寒い日が続いたので、自己防衛本能でつぼみを落としたのでしょうか。残念です。

とまあこんな感じで、今年の小石川のロウバイは、あんまりいい出会いがありませんでした。


おまけ


雪あがりの朝空に [days]

少し積もりました、関東地方。
コケたりスベッたり、色々大変だったようで。


640_DSC00570.jpg
真ん中ストレート。ていうかベランダからはこれしか撮れません・・・
手前の山(地図見る限りは奥高尾縦走路かな?)も軽く雪化粧~


640_DSC00572.JPG
を見やると駅も雪化粧~

帰ってきた頃には雪かきも手伝ってか、ほとんどなくなってました。
凍てつくと危ないもんね。

キヨシローと小林じんこにオマージュを捧げてこのタイトルです。

will bloom soon [days]

派手か地味かときかれたら地味な被写体が好きです、と答えてしまうかも知れない私ですが、
雨上がりの午後、マンション庭の偵察を兼ねて散歩して、地味ーなのを撮ってきました。
まもなく彩りを添えてくれる、その直前の地味ーさを楽しめる人は楽しんでください。
こういうのは押し付けるものじゃない、でも楽しさに少しでも気づいてくださると嬉しい気がします(^-^)


640_DSC00526.JPG
1.梅はぁ咲いぃたか桜はまだかいな
こないだの小石川がそうだったように、ここもまだまだです。
地味さを丸ボケと緑で演出してみました(^-^)


640_DSC00528.JPG
2.ちょっとピントが甘いというか、ブレとるねー。
サンシュユもつぼみをいっぱいつけて早春のバンザイを待っています。


640_DSC00536.JPG
3.ユキヤナギっていつ咲く花やったっけ?年またぎしてたんちゃうかなー、
でも去年は4月に実家に帰っていっぱい撮ったしなぁ。と思って調べてみたら、
もうしばらくお待ち下さいの3月頃からですね。


もう少しあります


雰囲気重視でGo! [days]

川島の白鳥、続きでおま。
前回は川に降りたとこですが、今回は飛んでるとこ。
ま、全部MFでロクなのないですけど、ふいんき(←なぜか変換できない)重視ってことで^^;

現場は、以下のようなロケーションで逆光がメインになります。

 ○太陽
---------------------------------
  川    ※※※
---------------------------------
  撮 影 位 置

白鳥は、左手から飛んできて、※あたりに着水します。
撮影位置は左右、どこにでも動くことができます。
とまあ、ロケの説明をしたところで写真にいきましょ。

640_DSC00316.JPG
1.これは左手奥からガーッと助走をつけて飛び立ったところ。
非常に残念な露出とピントです。いきあたりばったりで撮るんじゃなく、待ち構えていないとダメっすね。
AFのことも知ったし(爆)、次回は是非AFで撮ってみようと思うです。


640_DSC00132.JPG
2.左奥から飛び立った鳥はその後、右旋回して隣の川にいきます。ってこれはオナガガモ、
旋回もせずにまっすぐ行ったりきたりしてます^^;


640_DSC00298.JPG
3.これはまぁ、ピンできれいに撮れたほう。しかし逆光はいかんともし難く。


640_DSC00367.JPG
4.時には風の関係か、頭上を越えて大きく回ることもあり。
そんな時は光の状態もよく、青空も青空として写すことができますが残念なピントなり・・・


640_DSC00305.JPG
5.隣の川からこっちの川に飛んでくる時、小さな点が大きくなってくるのはなかなか楽しいです。
これも、いい感じの透けですけどピントが残念。AFできっちり撮りたいけど、木に行ってしまうかなぁ。


640_DSC00106.JPG
6.着水~、これぞ雰囲気重視の最たるもんやな。


640_DSC00055.JPG
7.こっちのほうがピントはマシですけど、フレーミングが・・・

来月、もっぺん行こ。

とりくらべ [α300]

木曜日の小石川です。

Takumar55/1.8とSIGMA70-300 APO DGで同じようなのを写してみました。


■冬牡丹
640_DSC00411.JPG
640_DSC00490.JPG
上:Takumar、+1/3補正
下:70-300の望遠端、+2/3補正
Takumarは手前に、70-300は花びらの縁に合わせました。
うむむ、70-300ってきれいに写るかも。



■うろの向こう
640_DSC00415.JPG
640_DSC00481.JPG
上:Takumar、補正なし
下:70-300の120、-2/3補正
入ってすぐのところの冬桜です。うろに穴が開いてるので向こうを見てみました。
何回も行ってますが、これには今まで気づかなかったです。



小石川梅だより [小石川後楽園]

順番からすると白鳥の続きなんですが、小石川後楽園の梅だよりをお届けします。
誰もそんなもん届けて欲しないわーい、責任者出てこーい!
という人もおられるかと思いますが、そう言わずに見てください。
ちなみに、今日の目的はロウバイでした。
週末は雨の予報なので、仕事にぽっかり空きを生かして午後休しました。

自分の小石川の回り方は、入り口入って左回りで白糸の滝→ショウブ田→梅林→稲田→松原→池の周り
→気分で内庭→紅葉林→入り口、です。
なので今日の梅の写真もそんな感じで、撮った順に並べます。


01道知辺.JPG
1.みちしるべって読むのでしょうか、フォーカスの外ですが一輪だけ咲いていました。
Takumar55/1.8


02光圀梅.JPG
2.光圀梅は二輪咲いていました。
Takumar55/1.8


03唐梅.JPG
3.唐梅。これはこんな感じでした。
タム9


ほかの梅はどんな感じ?


おーとふぉーかす [α300]

自分は、自他共に認めるMF使いです。
自他の『他』って誰、という突っ込みは却下w

なぜAFを使わないかというと、AFが遅いからです。
じーこじーこ迷ってるうちにシャッターチャンスを逃すこともあります。
それに、動かない花はAFの必要性を感じないし、
自分が好きなところにピントを持ってきたいからです。
特に被写界深度が浅い時にAFポイントの外にピントを持ってくるには、
AFをロックして動かすなんてできません。
だからMFを使います。

α300を手に入れた時も、AFが動くことは確認しましたが、
撮影はずっとMFです。
なので、AFの機能も知ろうとはしませんでした。

今日、不図したことがきっかけで、9点AFって何かなーって思い調べてみました。
α300発表時の記事を見ると、AF9点の機能があります。
ソニーのサイトで取説を見てみると、フォーカスエリアっていうのがあります。
α300は、ワイド、中央、ローカルの3つの設定があります。
自分はローカルに設定しています。
理由は、自分で決める、だからです。
だけど、これが間違いでした。

そもそもAFが欲しいなぁって思うシーンは、動くものを撮る時です。
ワイドという設定は、9点のAFポイントのうち、どれかに合わせますよ、というものです。
白鳥のように大きめの飛ぶ鳥を撮るには、これがいいんじゃないかと思いました。
小鳥なら中央1点のほうがAF抜けが防げていいかなと。

食わず嫌いだったAFですが、このα300のAF機能を試してみようと今さらながらに思いました。
使ってみて、使えるのか使えないのかを判断しようと思います。
もし、ある程度使えるものでしたら、今まで何でもMFで撮って没を量産してた自分は何だったのか。
そんな反省シーンも想像できます。
ミノルタさんのソニーさんの技術者にごめんなさいをする準備もしておきます(笑)

白鳥の湖じゃなくて川 [days]

今日はソネフォト以来、ゆるーくお付き合いさせてもらってるフランカーさんと白鳥を撮りに行ってきました。
場所は、1/1に初めて行った川島の越辺川です。

見ず知らずの人と写真を撮ることをきっかけに会うの、これで5人目かな。
オフ会ってのは参加したことないけど、少人数で会うのはいいな。
だって、いっぺんにたくさん来ても名前覚えられへんのやもん。

しかし、写真を趣味にしてそれを通じて人と会うなんて、高校時代の俺が聞いたらどう思うやろか。
なんやねん、そんな軟弱な趣味、写真なんか撮っておもろいんか、とでも言いそう(笑)

今日は11時過ぎに現場着、最初のショットが11:12、最後のショットが15:33、
山田うどんでのお昼をはさんだとは言え、4時間ちょいの長丁場?でした。
ショット数は315枚、何枚も消したけど、ほとんど連写しないでかなーり撮りました。
サムネでは全部見たけど、大きなのでは見る気しません。フイルム感覚でもっと厳選して撮ろうかな。。

枚数が多いとupしたい写真も必然的に増えます。よって今日は水面シーンとその他にして、
飛翔シーンは明日以降upすることにします。


640_DSC00073.JPG
1.今日はTakumarも持っていきました。開放じゃないです、たしか2.8ぐらいに絞りました。


640_DSC00113.JPG
2.『なんや、あいつ』とは言ってないでしょう(笑) オナガガモやキンクロが共存してました。


640_DSC00060.JPG
3.フランカーさんにクロスフィルターを貸してもらってレンズの前にかざしてみました。やり杉w

そうそう、今日は新しい70-300なんです。


タグ:白鳥 越辺川

きれいしかわいいし [days]

続きです。
小鳥と遊んだあとは、お池にオシドリを見に行きました。
ここでは、やっぱりマンションで拾い集めたどんぐりが活躍しました。
が、現地調達もできたようでした。
遠いので、ガラさんのようにピントばっちりで撮れません。
誰か、αマウントの長くて明るい単焦点めぐんでください。



640_DSC00004.JPG
1.おしどりふーふ。メスが少し白トビしてるけど、並んでてマトモに撮れたのこれだけなのでうp。


640_DSC00013.JPG
2.おしどりもーほ。ほら、ケツを凝視してるぞw


640_DSC00026.JPG
3.メスのパタパタ。


640_DSC00010.JPG
4.きれいやねー。メスも嫉妬してるんちゃうかな。これは少し大きくトリミングしました。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


DSC00038.JPG
新兵器、ってほどじゃないけど新しくレンズを仕入れました。
左は旧型の70-300 DL MACRO。ずっと前に書いたけど、HARD OFFのジャンクコーナーから1kで救ったやつ。
1994年の発売です。
300mmの時のみハーフマクロで撮れる、花撮りには嬉しいレンズ、全域マクロに改造済みです。
右は現行の70-300 APO DGです。こちらはオクで中古を落としました。
ミノルタのAPOも気に入ってたんですが、全域1.5mなのがネックになりました・・・
2005年発売のデジタル対応、LDも前玉に2枚、後玉に1枚入ってます。
マクロモードは200mm以上で切り替えられます。
スイッチの構造はわかってるので全域対応に改造したいところですが、旧型はネジを回せば容易に部品が外せたけど、
現行はレンズを分解しないと部品にアクセスできなくなってます。
なので諦めます。。。

デジタル対応ですのでフレアによる甘さに強くなってると思いますし、LD3枚で色収差にも強くなってるはず。
明日ってか今日、白鳥さんで試してみようと思います。

ヤ、マガラ写真集 [days]

こないだの続きです。
変なとこで区切ってるのはミスタイプしたけどおもしろいかなって思って。
写真集ってあるけど、そんな大層なもんじゃござんせんが、非常に愛くるしいヤマガラちゃん、どうじょ。

一緒に行ったloveuranさんのはこちら


640_DSC09863.JPG
1.手乗ーり。
変わった角度で撮れてました。魚みたいw


640_DSC09890.JPG
2.うちのマンションのエゴノキから、この日のために実を集めて持っていきました。
むっちゃ固いんですが、これを割って食べるんですね。すげえ。


640_DSC09903.JPG
3.ナイロンで枝から吊った松ぼっくりのおもちゃに止まるガラさん。
スタジオ撮影のようなライティング、図鑑写真みたいです(笑) 晴れっていいですね。


640_DSC09923.JPG
4.題して『突進』


640_DSC09960.JPG
5.こちらは『翔』でしょうか。
4、5ともガラさんにピントはきていませんが、絵がおもしろいと思います。
5の頃はSS優先で撮ってましたが、1/1000秒でも止まらないもんなんですね。


640_DSC09990.JPG
6.場所をかえて、ルリ姫を待ってる間に撮りました。非常に近い子で木に止まってる時も気にしないで寄れました。


640_DSC09992.JPG
7.また手乗り。どアンダーですが、シルエット調が気に入ってます。

餌付けされ、野生じゃないっちゃあそうかも知れませんが、囲いの中で飼われてるわけでもなく、
どこへ行くのも自由な身分、やっぱ野生の鳥=野鳥やなーって思います。

全てα300/SIGMA70-300 DL MACRO、突進160mm、翔210mm以外は全て300mm
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ
RSS RSS1.0 | RSS2.0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。